忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



第4話:緊急事態


「もしもし、親父?」

「おう。武か!どうだった?いいとこだろう。冷暖房完備だし、新築だし、まかない付きだし文句なしだろう! 」




「まあそうなんだけどさ~、えーとでも門限が。。。 」


「あ~なんだってよく聞こえなかったぞ。 」



「いや、門限がさあ~ 」



「あー、門限がなんだって?。 」
親父が聞き返す。

「ここ門限があるんだよ。も・ん・げ・ん! 」



「いいじゃないか。門限があって。規則正しい生活ができるじゃないか? 」


「いやいや、別に規則正しい生活を求めて東京にでてきたんじゃないから! 」



僕は、思わず電話口で「違う違う」 という手のジェスチャーまで加わえてしまった。




「でもお前、他に住むとこないんだぞ。そこしかないんだからーしょうがないだろうがー 」


その言葉に、僕は、ある考えが浮かんだ。

「親父さー、俺せっかく大学生になるんだから、自由にやりたいよ~。だから俺自分で探すからここキャンセルしていい?他にもあてもあることだし! 」




その言葉に父は感づいたのか、
「あて~っ?? お前あてってまさかお前、昨日美奈子がいってたあの寮のことか?
お前、あんだけ2人部屋は嫌だっていってたじゃないか?そこには留学生もいるから絶対いやだよ~って。 」




「うっっ・・。うるさいな。しょうがねーじゃん。


きっ緊急事態なんだよっ緊急事態! 」



父のちょっと、隙を作ったらすぐ痛いところつくひと言に、少し後ずさりしてしまった。




そう実は、僕が上京する前日の夜、すでに上京を果たしている4つ年上の姉から電話があったのだ。




★ココまで読んでくださった皆様へ★

多くの方々に学生のピュアの心を感じてもらいたい。
にほんブログ村 小説ブログへFC2 Blog Ranking人気ブログランキングへ
応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。



PR


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL