忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



第5話:絶対入りたくない!


その時、姉が、



「・・ふーんそうなんだ。あんた明日東京来るの。・・そういえば、今度、私が就職する会社も大学生入居者募集してるって言ってたな~」



「へー。そうなんだ。どんなとこ?」
もうこの時点では、住む場所は決まったと思っていたので興味本位で聞いてみた。



「実は、わたしも行ったことないからよくわからないんだけど、でもすごく家賃が安いのよ。光熱費込みで2万1千円なんだって。」



この値段に、東京に住んではいない僕でもかなり驚いた。



「えっ!2万1千円!光熱費込みで!まじっへえー東京でそんなところがあるんだ。すごいなー。」


「ちょっと待って。お母さーんっ!ねえ東京に二万1千円ですめる家があるんだって~。」



あまりのびっくりに電話口から母を呼んでみた。




「でも姉ちゃん。なんでそんなに安いの?」



「その寮は、二人部屋でトイレ・キッチン・お風呂が共同で、ご飯はでないんだって。あと留学生がいるらしいよ。」



「2人部屋??だからか~。俺は絶対やだね。いやいやいや~ダメダメっ!なんで東京までいって、知らない人と一緒にすまなきゃいけないんだよ。」




そんな話をしているとき、母がお風呂にお湯をため終え、帰ってきた。


「えっどうしたって?」




「東京で2万1千円のところがあるんだって。」



「えーすごいわね~。ちょっとかしてみなさい!・・・ 。もしもし美奈子、ほんとなの???

そこは職場から近いの?

・・うんうん。そうなの~。

でも、もうタケオは住む場所、決まってるのよね。

・・・えっとね。東伏見っていう駅だったかしら。

でもそうねー今からでも変えようかしらね~。そこ家賃も安いんでしょ。」



「へえっ!!」
僕は母のその言葉にかなり焦った。


「なななっな何言ってんだよ。かーちゃん!!いやいや、絶対やだよ。留学生もいるんでしょ?俺、英語しゃべれないしさ~・・・。」



「だからいいんじゃない。いい勉強になるかもしれないじゃないの!」




「えー俺、絶対やだよ。それに二人部屋なんてあぶないよ。

変な人と一緒だったらどうするんだよ。お金が盗まれたりしたらやばいよ!そうそうお金の問題はシリアスだよまじで」

と必死の説得。




そんな時、父が参戦。




「かあさん。変な事言うのやめなさいよ。もう先方には電話してるし、明日行くんだから、変なこというんじゃないよ~。まったくもう。やめなさい!」




『おお親父~!いけいけ~ナイスフォローじゃん!!』と、僕。




「そっそうだよそう。明日行くのに変な事をいわないでよう。」



「変なことじゃないわよ~。私は善意で言ってるの。まったくもう・・。

まあでも、前から電話してるし、今度行くところはいいところなんだからしょうがないわね。

という事で美奈子。今回は縁が無かったということで。」



『いやいや、縁も何も今初めて聞いたことじゃん。フゥーそれにしてもあぶなかったなあー。でもまあ、俺とはもう関係ないからね!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・』


<現実に戻って>
「緊急事態だから、この際しょうがいんだよ~。」


「しょうがないって言ったってお前。・・キャンセルしてもいいが、一度キャンセルしたらもうここには戻れないんだぞ。お前はそれでもいいのか?

それに明日にはお前鹿児島に帰ってこないといけないんだし!

もし本当に寮にいくとしても、美奈子に電話しないといけないだろう。

まず美奈子に電話して行けるかどうか聞きてからにしない。」



「わかった。じゃあ姉ちゃんに電話してみるわ~ 」



両親への電話を切り、すぐさま姉に電話してみた。






★ココまで読んでくださった皆様へ★

多くの方々に学生のピュアの心を感じてもらいたい。
にほんブログ村 小説ブログへFC2 Blog Ranking人気ブログランキングへ
応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。


◆以下の【今日のマップ】(画像)は携帯からは見ることができません。ご了承下さい。◆
【今日のマップ】門限に泣いた!まかない付物件さよなら・・
ここは住宅地。
とても住み易く早稲田大学へは電車一本でいけます。
門限のない寮はない??1人暮らしにはいいかも・・・。
TEL:自分で探してください。
不動産の営業時間:普通の時間帯
アクセス:西武新宿線
キーワード:住まい 住宅地
Bloca! Powered By INCREMENT P CORP.
東京都 西東京市
PR


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL