忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



第9話:人って案外いい加減?


『えっ!!なんだって』


あまりの突然の事にちょっと動揺した。もう一度、聞いてみた。


「あの~今なんて言いました?」


「あ~クンっ!門限はないよ」

と眼鏡をかけた人。


「えっそれはマジですか?ほんとですか?」

と念を押して聞いてみると眼鏡をかけた人がうなづく。



あまりのうれしさに顔がほころんでしまった。


『おお~、なんかこの眼鏡をかけている人がデカくみえる、なんでだろう!めっちゃ酒臭いのに。。。。。』



・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・

「姉ちゃん、俺ここに決めた!」



その僕の発言に姉が、

「ほんとにここでいいの?自炊だし。やっていけるの?」


僕はちょっと低い声で、

「ああ。ここなら自分を強くだせる気がするんだよ。自炊と言ってもいずれは自炊しないといけないしね」





ちょっとかっこよく決めたつもりだった。


が、姉はすかさず

「とかなんとか言っちゃって、ほんとは門限がないからなんでしょ。

あんたは門限があった方がいいんじゃないの?それにさっきの大広間の談話室ってところにゲームもいっぱいあったしね~ 」




ギクっ!




そうさっき談話室を見学した際、テレビの横にプレイステーションがあったのだ。


『おおーここにはプレイステーションがあるではないか!できるのかな?できるのかな?』


そう、僕はゲームには目がない。



いわゆるゲーマー




しかし、実家ではゲームはご法度だったので、隠れてゲームセンターに通っていた。


家でゲーム禁止令がでた子どもは、逆にもっとゲームに対する思いは大きくなる。僕もそんな子どもの一人だった。




「あの~ここにゲームがあるんですが、個人のですか?」
と眼鏡をかけた人に質問すると、




「あ~クンっそれ? それは寮のだよ。クンっ!やりたかったらやっても大丈夫だよ」


「ええ!!!!!!!本当ですか?やってもいいんですか?」



僕の質問に眼鏡をかけた人がうなづく。




僕の目は、光り輝いた。





しかし、一方でひとつ不安があった。



それは、ゲームが1台、テレビが1台しかないのでゲームがあんまりできないのでは?という寮生活で極めて重要な不安だ。


おそるおそる、眼鏡をかけた人に聞いてみた。




「寮でゲームやる人って多いですか?」



「いや、クンっ!今はほとんどいないね。クンっ!」



「でもテレビも1台しかないからあまりゲームできないんじゃーーー」
と僕。



「そうだねー。でも最近は、クンっ!みんな忙しくてテレビを見る人も少ないから、クンっ!大丈夫だと思うよ」





これを聞いた僕の目は、もっと更に輝きを増した!



『ホントーかよ~!!!  ああっ!今までは親の目を気にしながらゲーセンに通っていたけど、ここにくればそんなこともなくなるんだ。なんて素晴らしいんだろう。

ゲェ-ムっ!ゲェ-ムっ!ゲーム万歳・・・・でも門限がな~』

とその時は思った。



『うふふふふしか~し、その門限ももはや存在しない。あはははっあはははっ!』




『ここならいける!』
と僕は思った。

僕に怖いものがなくなり、眼鏡をかけた人に堂々と

「あのっ!決めました。ここに入ります。どんな手続きが必要ですか?すぐ入りたいんです!」



「えっとクンっ!まずは面接があります。クンっ!そしてそのときに原稿用紙2枚程度でクンっ!【ここの寮に対する思い】を書いてきてください。」


頭を強く殴られたような衝撃が走った。

「えっえっ面接があるんですか?」






「ハイ、クンっ!寮生全員がクンっ!出席して面接します。」




「えっ面接ということは日程も決めないといけないんですよね??」




「ハイ。」



「えっ 僕、明日には帰らないといけないですが。。。。。。できれば、明日お願いしたいんですけど。。。」


この言葉に眼鏡をかけた人は、


「う~ん。明日かー。クンっ!ちょっとみんなにクンっ!聞かないとわからないので、みんなにきいてから連絡しますクンっ!でも大丈夫だと思いますよ」



「是非、明日お願いします。じゃないともう帰ってしまうので、宜しくお願いします。

ここを逃したら次はないんです。。。。。本当に宜しくお願いします。」

僕は必死だった。




「わかりました。クンっ!みんなに聞いて今日の夜に電話しますよクンっ!」




「何時ごろになりますか?」
と僕。



「そうだなー。クンっ!九時くらいには連絡するので。連絡先をクンっ!ここに書いてくれます?」
と言いつつ、眼鏡をかけた人はメモを取り出した。



「本当ですか!ありがとうございます。えっと番号は、、、、、、」
僕も早速メモ帳に親戚の家の電話番号と自分の名前を書いた。



『あっそうだ!この人の名前をきいておかないと』と僕は思い、


「あっそれからお名前を聞いてもいいですか?」



「えっボクのことっ?クンっ!ぼくはクンっ!金です。」






「はいっ?」

よく聞き取れなかった。






「韓国人の金です」





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




しばらくの沈黙の後、

「えっ日本人じゃないんですか?」
と僕。






「違います。」


彼はきっぱり






「韓国人の金です」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「えっ?キム?キン?」


またまた僕はよく聞き取れなかった。




「韓国人のキンです。金のキンです」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


またしばらくの沈黙の後、




「あ-キンさんですか!!」


やっと聞き取れた。




『そういわれてみれば、留学生にみえるかも。』と僕は思った。





「日本語すごくうまいですね」





「ハイ。」





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


あまりの鋭い右ストレートに、

僕は

「あっ・・・・そっそれじゃあ電話待ってますので宜しくお願いします。」


と撤退開始。。。





「それじゃ明日は宜しくお願いします。」



僕は、眼鏡をかけた人・金さんに念をおし、防火扉を締めた。




ヒューーーバタン。





そして、高田馬場駅に帰る途中、姉に




「ああ、姉ちゃん。明日面接なかったらどうしよう!それに寮に対する思いといわれても、原稿用紙にかけないよ~。汚いという思いしかないし、、、、」





「しょうがないんじゃない。明日って言うのは急すぎるしねー。だめだったらまた今度きたら?」




「そんな~。また鹿児島からでてくんの?姉ちゃんちょっとまってよ。

あっそうだ!原稿用紙になんて書いたらいいかわからないから、一緒に考えてくれない?」



「えー自分で考えてよ。」



と姉は嫌がった。


「そんなことを言わずにお願いだよ。ねっねっ。だって書けないものは書けないからさー」






「わたしだって、わかんないわよ。だって男子寮でしょ。汚いしねー」



しかし、そんなこんなで、高田馬場駅の横にあるバーガーキングで分からないなりにも、寮への思いを姉と考え、原稿用紙にまとめた。


「ふう終わった!

あーよかった。姉ちゃんありがとうね。助かったよ。」





「まあ明日は頑張りなさいよ。また電話ちょうだい!じゃあまたね!」



僕と姉は駅前で別れた。



『いやーこれでやっと終わったよ。原稿もばっちしだし。あとは電話を待つだけかー。
たぶん金さんも大丈夫といってたし、大丈夫だよね。

よし、俺も帰るか!今日の夕食はなにかな~』
と。



僕は、なんの不安も感じないどころか、

【寮への思い】という入ってもいない寮のことをどうやったら思えるんじゃ!!

とツッコミをいれたくなるようなテーマの原稿を書き終え、僕には何か達成感すらあった。


そして、僕は安心して親戚の家のある津田沼まで帰っていった。


電話の呼び鈴がならないということも知らずに。。。。。




★ココまで読んでくださった皆様へ★

多くの方々に学生のピュアの心を感じてもらいたい。
にほんブログ村 小説ブログへFC2 Blog Ranking人気ブログランキングへ
応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
PR


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL