忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



第13話:未知との遭遇


「ナンデスカ~。榎本さん」

顔は日本人のように見えたが、片言の日本語をしゃべるので、留学生だということがすぐわかった。


「彼が今度この寮に入ってきた新入生のタケオだ。お前と同じ新入生だよ。仲良くしてやってくれ!」


榎本さんが片言をしゃべる留学生に私を紹介してくれたのだ。


「あっハイ! タケオと言います。どうぞよろしくお願いします。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。失礼ですが留学生の方ですか?」



「ハイ。中国からの留学生です」


彼は即答した。


僕は緊張してしまった。

なぜなら、僕にとって留学生?を見るのは生まれて初めてだったからだ。


ん??


しかし、よく考えてみると、僕は留学生に会っている。


金さんとアルトノさんだ。


しかし、彼らには留学生というオーラはなく、金さんは・・・・・・?よくわからんが、アルトノをとってみれば、日本人と間違うほどだったのだ。


一体なにが違うんだろう??


ポン


ポン


ポン


チ―ン!!


そうだ、しゃべり方だ。


僕のイメージはそう、片言をしゃべる留学生だったのだ。


わたしにとって片言をしゃべる留学生が留学生なのだった。


そんなイメージぴったりの留学生が目の前にいる。



そんなことを考えていたら、なんとなく緊張してしまった。



未知との遭遇。


この言葉がこの状況に一番ふさわしい。


何を話していいのかわからない。


『え~と何を話そうか。

う~ん。

そうだ!!

初対面の共通の会話があるじゃないか!』

と僕は思い、そして言ってみた。


「いや~今日は暑いですね~」


・・・

・・・・

ベタだ。


ベタすぎる。


僕もベタであることは、よ~くわかっている。


しかし、ベタだからこそ、必ず初対面の日本人なら、まずする挨拶だ!

これなら少しは会話の足しになるはずじゃあ~



・・・・・・・・・・・「えっ???」


彼からの返答はこれだった。



・・・・・・・・・甘かった。


僕の考えは甘かった。そしてやっちゃった。

次の言葉がでてこない。

万国共通と思っていた質問をうまくかわされ、僕はテンパってしまった。


そして沈黙の時間が過ぎていく。


そんなテンパった僕を見かねた榎本さんが、こう切り出した。


「そう言えば、タケオはこいつと同じ大学なんだよな。」


『へえっ?』

少しの間、事情が飲み込めなかったが、次の瞬間、僕の心に光が輝いた。


「えっ!ほんとですか?おんなじ大学なんですか?」

榎本さんが相づちをうつ。


なんか親近感が沸いてきた。そう思ったら緊張もなくなっていく。不思議なものだ。


中国人の留学生も僕の心境と同じだったようで、同じ大学であるという言葉により、
お互いいくつもの質問をしあった。


「あなたもJ大学なんですか?」

「何学部なんですか?」

「どれくらい日本にいるのか?」

「年はいくつですか?」などなど。


そしてそんな未知との遭遇のような緊張感から解放されて、一安心したときだった。


『あっ!


そう言えば、


名前をまだ聞いてなかった。』


そういうことって結構、僕たちの周りでもあるはず。


何気に親しく話していたのに名前を聞き忘れてしまうという行為。


僕は質問した。


「すいません。名前を聞くの忘れていたんですが、お名前はなんですか?」

この質問に中国人の彼はこう答えた。

「ハクリキクンです」と。


『んっ!?

自分の事を君づけしている。・・・・・・!!


そうか、まだ君とさんの違いがわかんないんだな。


じゃあ さりげなく、さんづけで気づかせよう』

と僕は敏感に察知した。

「あ~ ハクリキ さんですか。よろしくお願いします。ハクリキさんっ!」
と僕。


「いいえ、私はハクリキクンです。」と彼は答えた。


・・・・・・・・・・

困った。


彼は気づいていないのだろうか?

・・・・・・・・

『あっそうか! 

白さんは自分のことを君づけで読んでほしいんだ』
と僕は察知。

「あっ

ハク・リキ君ですね。

わかりました。」


「そうです。

白力勲です。


宜しくお願いします。」



僕が、ハクリキクンの『くん』が、『君』ではなく『勲』であり、苗字が白、名前が力勲であるという事を知ったのは、それから一ヶ月後のことだった。

ハクリキ君(クーン)~~~~~~~~!!




★ココまで読んでくださった皆様へ★

多くの方々に学生のピュアの心を感じてもらいたい。
にほんブログ村 小説ブログへFC2 Blog Ranking人気ブログランキングへ
応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
PR


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL