忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



第16話:2人の僕


『これがロープレというやつか~』

僕は、念願のロープレをプレイし感動していた。


僕がプレイしていた【ファイナルファンタジー8】は当時の話題作であったこともあり、より一層その感動は増したのだった。


そんなとき僕は、ふと思い出した。

「あっ!そう言えば明日って入学式だった。」

カンペキ!

そんな言葉が似合うほどに、僕はすっかり明日のことを忘れていた。

つまり、それほどにそして完全に僕は、念願であった家庭用ゲームに見入ってしまっていたのだ。


僕は、ふと談話室にある時計を見てみる。


時計の針はすでに0時を指していた。


『もうこんな時間か~、どうしよう。明日も早いしここでやめようかな~』

そんな気持ちが僕の中に湧き上がってきた。


しかし、そんな気持ちが湧き上がってきたのもつかの間、違う気持ちが僕の中に湧き上がってきたのだ。


『いや、ここでゲームをやめてしまったら今度いつできるかわからないぞ。それにやっと魔法や戦い方の使い方もわかってきたし、これからが面白いところなのに・・・』



どうしよう。。


僕は揺れた。


そんな僕が揺れていると、2つの気持ちが段々と人格化していった。


『明日は大学の入学式なんだから早く寝て、明日に備えないと!』と僕。

しかしすかさずもう一人の僕が

『金さんが明日からまたテレビを占領するぞー。そうしたらもう当分はゲームができないぞ。それでいいのか??』と語りかける。


『でも、大切な入学式だよ。』


『もうゲームできないぞう』


『白と行くんだから早く寝なくちゃ』


『そんなの白に起こしてもらえばいいじゃないか』



『せっかくの大学デビューの第一歩なんだぞ』・・・・・・・・・・これはちょっと違う気がする。



僕は、揺れた。

揺れた。

揺れている。


揺れはどんどん大きくなっていった。


そしてかなり大きく揺れた。

そう、入学式とゲームというふたつの分銅をはかる天秤のごとく。


「うっ、、、、、、どうしよう」

僕は悩んでしまった。

そんなときだった。


ガチャ。


談話室のドアが開いた。

「ただいま~」



「えっっ!!金さんっ??」


僕は思わず言葉でてしまった。


そう学舎にいないはずの金さんが、そこに立っていたからである。




★ココまで読んでくださった皆様へ★

多くの方々に学生のピュアの心を感じてもらいたい。
にほんブログ村 小説ブログへFC2 Blog Ranking人気ブログランキングへ
応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
PR


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL