忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



第18話:僕の入学式



白が起きてきて、僕をまじまじとみてきた。


「オハヨウゴザイマス。もしかして、徹夜したんですか?」


「おはよう~。そう。でも徹夜したのか、させられたのかよくわかんないんだよね~。
だから、疲れちゃってさー、もし入学式で死んだら、俺のことよろしく」


「エっ??」

白は首を傾げた。


「まあいいから」

もう説明する気力がない。


僕は、疲弊しきった体に鞭を打ちながら、入学式に臨むためスーツに着替え、身だしなみを整えた。


僕は鏡を見た。

『やべー。クマがすごい』。

・・・・・・・

そして、入学式のある有楽町へと向かうのであった。


『この階段キツ!』


いつもの寮の階段がきつく感じ、高田馬場駅の階段は、大きな山に思えた。


僕はひざに手を乗せ、ひとつひとつ階段を登っていった。


高田馬場駅から山手線に乗り新宿へ。


そして新宿で中央線快速に乗り換え、神田で再び山手線に乗り換えるために降りた。


しかしこれまた、神田駅の中央線から山手線にいくまでの階段がきつい。


「あー疲れる~。」


この姿を見て、白は僕のことを憐れに思い、やさしくこう言った。




「タケオさん。顔悪いですね~。」




たぶん、白は、『顔色悪いですねー』と言いたかったのだと思う。



しかし、疲弊しきっていた僕は、それを理解してあげることはできず、


プチっ!!


キレた。



「うるせー。顔は悪くねーよ!!ふざけんな!」



この一連の出来事は、白にとって、非常にショッキングな出来事であり、忘れる事はできないものになったと、白はのちに語っている。



入学式会場についたが、すでに僕はフラフラだった。


そして入学式が始まった。


それからの出来事は全く覚えていない。


起立の場面では、白に起こしてもらい、立ち、着席した瞬間に寝てしまったのだ。


大学の入学式というものは、感動的で輝かしいものであるはずなのに、僕の入学式の思い出では、起きたらすべてが終わっていたのである。


最悪な入学式ではあった。


しかし、今考えるとある意味、味わうこともない入学式ともいえるのかも。。。(もう味わいたくないけれど、、、、)




★ココまで読んでくださった皆様へ★

多くの方々に学生のピュアの心を感じてもらいたい。
にほんブログ村 小説ブログへFC2 Blog Ranking人気ブログランキングへ
応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
PR


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL