忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



第129話:2回目のタブー

「はあああ、今回はちゃんと座席に座れた・・・・はああよかった。。。。マジで夕方から並んでて正解だったな~」


僕は窓側の席に座った後、車窓から見える夜景を1人見ながらそうつぶやいた。


列車は新大阪を通過し、軽快に走っているように見える。

まさに終点の福岡へ一直線!

という感じだ。


「座席にもちゃんと座れた事だし、ちょっと一眠りしようかな!」


僕は座席に座れたという達成感を味わった後、この列車は明日の早朝、福岡に着くという事で、ひと眠りする事にした。



このひと眠りする数時間前の事。。。。。



「あじいいあじいい!」


僕は1人そう呟きながら、清水寺への坂道を歩いていた。



しっかしこの清水寺への坂道、、、、、

人が

多すぎ!!



清水寺までの坂道には幾多のお土産屋さんが並んでいる事もあり清水寺に向かう観光客が足を止めてお土産を見て回っている。

そのために、坂道はとても混雑していた。


修学旅行や観光で清水寺に行った事のある人なら分かるだろう。


京都の暑さに加えこの人・ひと・ヒト・・・・最悪である。



しかも様々なニオイが渦巻いているからこれまた、たちが悪い



汗臭いニオイ、強烈な香水のニオイ、お香のニオイなどなど・・・汗臭い僕でも、このなんとも言えない奇跡的にミックスされたニオイと暑さと人ゴミで、僕はもう。。。。。。



そして、残された力を振り絞ってその坂道を超え、清水寺へと入ったのだが、これまた観光客でごった返していた。



『おう!マジかよ!これじゃあお寺を見にきたのか、人を見に来たのか、ニオイを嗅ぎにきたのかわからないぜ

・・・・・・・・・・・・・


ああ~来るんじゃなかった』


僕はそう思った。


僕が観光していて『ああ~来るんじゃなかった』と思ったのはこれで2度目である。



1度目は小学5年生の時に、ディズニーランドに1人で乗り込んだとき。



ディズニーランドに1人で行く・・・・・。


これを見て、


「ひとりなんてあまりにも無茶だ」


と思われる方もいるだろう。



否!

ひとりで行く事は無茶ではない。




命知らずの無謀者だ。




1人でディズニーランドに行く。

これを 『1人ディズニーランド!』 と呼ぶ。



なんともこの名前を聞いただけでも、悲壮感が大いに漂い、空しさ伝わってくるではないか!




僕はあのとき子どもながらに大変な事を知らされた。



それは、


「ひとりで夢の国には行ってはいけない」

という事。


おおなんとも恐ろしい事だろう。。。。



そう、夢の国に1人で行く事はタブーなのである。


おおおお!今思い出しただけでも、なんとおぞましい事だろう!!


いずれこの時の事を話す機会もあるだろうが、

ともあれ、今回は2度目の『ああ~来るんじゃなかった』という後悔の念。


こんな京都での観光で、2回目を経験するとは。。。



僕はその後、清水寺をさらっと一周した後、来た道をそのまま戻り、

大ダメージを受けた体を休めるべく京都駅の横にある伊勢丹へと向かったのであった。


そう、

「伊勢丹なら冷房が効いていて快適だろう」


と思い込んで。。。



★僕の京都観光-ゆかりの地:清水寺

市バス
京都駅(206番・100番)
 ===> 五条坂下車 ==> 徒歩10分

猛暑日に行くと奇跡的にミックスされたニオイと人ゴミに遭遇するかも・・・。

PR


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL