忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



第31話:何かが狂い始めた


「ハハッ、そんなに怒るなよ」


「いや、冗談にもほどがあるでしょう」


「相部屋としてちょっとからかっただけだろ。コミュニケーションをさあ~」


「そんなコミュニケーションはいりませんよ!!マジやめてください!」

僕は、かなり激高していた。


しかし激高したときほど、言いたい言葉はなかなかでないものだ。


鍵を掛けた犯人が僕と同じ部屋の山田さんと知ったらなおの事。


山田さんは屋上で僕をみかけ、出来心で鍵を閉めたらしい。


そんな出来心って、、、、


山田さんはすぐに開けようと思ったらしいのだが、ちょうど携帯にバイト先から緊急の連絡がありそのままバイト先へ。


僕が救出されたのはそれから1時間後のこと。


『誰がこんな事を』と思ったときは、頭に血が回ったのだが、

犯人が山田さんと分かったとき、瞬間的には怒りがこみ上げてきたものの、

しばらくすると、山田さんに対しての怒りよりも失望感の方が大きくなっていった。



『あれほど、クールで規律に厳しく俺らに指示や注意する人がそんな事をするのか』


その日は、山田さんと会話する事はなかった。



しかし、ここが寮の皮肉なところ。

相部屋である以上、帰る部屋・寝る部屋は同じ。


嫌でも、山田さんとは顔を合わせなければならない。


コミュニケーションとは難しいものだ。


山田さんは僕とのコミュニケーションを図ろうと思い行動したのであろうが、僕はその行動によって傷ついたのだから。


この事件以来、なんとなく山田さんと僕との距離は一定の距離を持つ事となってしまった。


けれども、彼がひと言でも

「ごめんね」

と言ってくれるのであれば状況はかわっていたかもしれない。



その頃からだろうか、僕が他の相部屋の人たちをうらやむようになったのは。


僕が自分のベッドで本を読んでいると、壁の向こうから笑い声が聞こえる。

白と高木さんの部屋からだ。


「あははははははは!」


隣の部屋はいつも笑いが絶えない。


『いいな~』


笑い声を聞くたびにそう思った。


「あははははははは!」




笑い声を聞くとなんともいえない気持ちとなる。


「あははははははは!」


・・・・・・・

・・・・・・・・

『くそっ!同じ寮で同じ一年生なのになんでこんなに違うんだよ。どうして俺にはないんだよ。クソッ』


悔しくて悔しくてたまらない。


あんなのぶち壊してやる。




僕の大学生活の歯車は狂っていった。





★ココまで読んでくださった皆様へ★

多くの方々に学生のピュアの心を感じてもらいたい。
にほんブログ村 小説ブログへFC2 Blog Ranking人気ブログランキングへ
応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
PR


この記事に対するコメント

無題

ついに更新再開ですね!!
この度新舎長になりました。
よろしくお願いします。

更新楽しみにしています!!

【2007/12/16 01:15】ハナフサ #56abfa7c49()[編集]

無題

同じく新舎長のシバサキです。
来年はよろしくお願いします。

こんなことがあったんですね、学舎には!
これからちょくちょくのぞきます!!

【2007/12/17 17:52】シバサキ #553c814f84()[編集]

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL