忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



第33話:ぬれ衣


「だれっ?だれなの?」

あの高音が教室の中をこだまする。


「今の音はなに??今なにか鳴ったわよね。誰なの!誰なのよ?」



『お前こそ・・・・・・・

なんでお姉系なわけ?』
と僕。



この携帯音事件で完全に授業は止まってしまった。


「白状しないさい!携帯ならした人は誰?

犯人がわかるまで授業はしません。」


『あ~あ、やらかした。やらかしちゃったよ。携帯電話を鳴らしてはいけない時に、それも鳴らしてはいけない先生の前でやらかしちゃったよ』


『誰なんだ~。こんな時に鳴らしたやつは?』

僕は周りを見渡した。


そんなときだった。


先生の目と僕の目が合ってしまったのだ。


『えっ??』



「そこのあなた!あなたね。あなたがやったのね」


『えっ俺?』

思わず目が飛び出そうになった。



先生はどんどん僕の方に近づいてくる。


「携帯電話はあれほど切りなさいと言っておいたじゃないの」


彼はそう言いながらどんどん近づいてくる。


『俺じゃない。俺じゃないって』


「なんで私の、私の言う事がきけないの!!」


いつものキーキー声がさらに1オクターブ高くなって僕の方へ。


『違う。違う俺じゃない。俺は潔白だよ』

僕は心で叫び続けた。



そして先生は僕の目の前に立ったのだった。


「あなたの携帯電話を今すぐここに出しなさい」


『やっべー。こんな授業くるんじゃなかった・・・・トホホホホ』




★ココまで読んでくださった皆様へ★

多くの方々に学生のピュアの心を感じてもらいたい。
にほんブログ村 小説ブログへFC2 Blog Ranking人気ブログランキングへ
応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
PR


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL