忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



第48話:運転そのあとに パート②


「ああの~山田さん!」




「なにっ、なにっなに!今話しかけんな!」




「ででも、そんな事いっても・・・・・やばすぎますよ。


こんなに早く・・・」



「そんな事言ったって、しょうがないだろうが~だって前の車が・・・」



「そうりゃあそうなんですが、、、、、って山田さん、前、マエ、まえ~~~っっ」


前から観光用大型バスが走ってきていた。


「えっ??おっおっおおおお~」



「ハンドル、ハンドル、ハンドルっ!!」



僕らは叫んだ。




そしてすぐ様、僕らの車は元の車線へ。




『はあああ、良かった』


と、喜びもつかの間、木田車は車線を変更せず。




「おいおいおいおい、何する気だよ。」




「おいおいまっまさか、この状況で追い越しかよ」




大型観光バスのクラクションが鳴る。


ホォォォォォォォォォォォォォォォォォォォン



それでも木田車は追い越しをかけ、車線を変更せず。



そればかりかスピードを上げているようだ。




「やばい。


やばいっ。


やばいっっ。


これやばいっって!!」




「おおおおおお~~~だああぶつかる。。。死ぬーーー」



僕らは恐怖で青ざめた。



ブオオオオオオン


キキキーーーーーーーーーー




山道にタイヤが擦れる音とブレーキ音がこだました。






木田車は間一髪で車を追い抜き、


スレスレの所で大型観光バスと正面衝突を回避。





「ハア、フウウーーーーーー。」

僕らは、冷や汗とため息をつくことしかできなかった。




そして次の休憩所で、、、、


「なんであそこでスピードを上げるんですか?僕らを殺す気ですか!」

と山田さんが怒りをあらわにし、木田さんに詰め寄った。



まあ無理もない。




『理由は何であれ、あれだけの事をやらかしたんだ。当然だろう。


にしても、木田車はうちらよりやばかったはず。みんな大丈夫かな~?』




僕は、あまりに心配となり、すぐさま木田車に乗っていたクルーに駆け寄った。



「お~い!大丈夫でしたか?」


僕は彼らに声をかけた。




『しっ死んでいる!?





顔が。




みんな完全に死んでいる!?』



そう、クルーのほとんどが放心状態。


かすかに

「やばかった・・・・やばかった」

と、つぶやきが聞こえてきた。




手のつけようがない。



とそんな中、


「おい!大丈夫だったか?ていうかよく生きてたな~」



僕は田端にも声をかけた。




しかし、以外にも彼からこんな答えが返ってきた。





「はああ?なにが?」






「えっなにがって。さっきの木田さんの運転だよ。


まじやばかったんじゃない?


他の人もみーんな死んでるぜ??」




田端はしばらく死んだ顔したクルーを見渡してから、



「ふーーーん。




よくわからん。」

と、首を傾げる。




「えっよくわからんって、お前何も覚えてないの?」





「ほおう、俺・・・・







寝てたから。」




彼の睡眠力を初めて身につけたいと思った瞬間であった。



★ココまで読んでくださった皆様へ★

多くの方々に学生のピュアの心を感じてもらいたい。
にほんブログ村 小説ブログへFC2 Blog Ranking人気ブログランキングへ
応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
PR


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL